ねこ

2010年8月17日火曜日

西谷祥子先生の「学生たちの道」

また、懐かしいマンガがありました。
西谷祥子先生の「学生たちの道」です。




昔、全部読めなくて、あらすじがよくわからず、気になっていたマンガでした。
「学生たちの道」という、大人っぽい、タイトルに惹かれたんだと思います。

改めて読んでみると、親探しとか、お金持ちと庶民の対比とか、シンデレラストーリーっぽい面とかもあり、そのころの少女マンガの流行のエッセンスを多く含み、ストーリーは波瀾万丈、スピード感があり楽しく読めて、こんな内容だったんだ、と、納得しました。
 
あまり書くと、ネタバレになっちゃうのでこの辺で。

にほんブログ村 本ブログ 本情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿