ねこ

2010年8月14日土曜日

水野英子先生の「ローマの休日」発見。

アマゾンで、最近は懐かしいものを発見することが多いです。

幼稚園の頃からマンガに浸っていた私は、水野英子先生のファンでした。
描くその線の太さ細さ加減がすごくきれいで、立体感があり、よく真似をしましたが、とても、できるものではありませんでした。

水野先生は、洋画のリメイクも多かったのですが、ほんとに映画を観ているかのような、雰囲気でした。動きもあり、言葉使いなども、何か洋画らしい表現。。ちょっと詩的な感じがして憧れました。

そのなかで「ローマの休日」は好きな作品です。
オードリーの洋画を観る前に見たのですが、感動しました。
洋画の男優って、なんかおじさんっぽくて、マンガの方が気に入ったりしていました。





1963年の作品ですって。。。

たしか、りぼんの別冊付録だったような気がします。懐かしい。

にほんブログ村 本ブログ 本情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿