ねこ

2009年11月21日土曜日

ホッキョクグマのピース

NHKで、たまたま見た、愛媛県立とべ動物園ホッキョクグマのピースの飼育記録。
ころころした小さい時のピースの姿や、飼育員さんとピースの親子の様なふれあいに、涙してしまいました。



ピースはお母さんグマとは一緒に暮らせないんですね。成長して同居させようとしたら、ピースがストレスでけいれんを起こしてしまったのです。

ホッキョクグマの自然な姿と、動物園で人間に育てられたクマとの育ち方はきっと違うのでしょう。
だから、飼育員の高市さんも、ホッキョクグマだからこう育てていこうという目標は持たないそうです。

そんなピースにはたくさんのファンがいて、ピースに元気づけられる人たちも多いそうです。
動物園って大切ですね。
もし動物園がなかったら、他の生き物を知らない人間達はもっとエゴイスティックになるかも知れません。
自然界の使者の、動物園の動物達、大切にしていきたいですね。
そして、私たちの住む地球、自分たちだけでなく他の動物達も住んでいるのだから、守っていかなきゃいけないですね。
そのために、私たちにできること、探していきたいと思います。

ピースのファンクラブ

0 件のコメント:

コメントを投稿