ねこ

2009年7月22日水曜日

日食

 今日は、皆既日食、部分日蝕が日本で見られるということで、世間はお昼まで大騒ぎ。

 肉眼や黒い下敷きで太陽を見たら失明するらしいです。

 小さい頃から、肉眼や黒下敷きで、太陽を凝視してしまってた。。

 今更遅いですね。

 日食グラスもよく売れたことでしょう。

 今日は休みだったので、その時間家にいましたが、もともと曇りで部分日食だし、あまり変化はありませんでした。

 太陽が欠けるから、暗〜くなるかと思ったのに。。

 皆既日食の場所は夜のようになるのかしら?
 ということで、NHKでの中継を観ていました。

 NHKでは硫黄島で取材していて、ハイビジョンでの太陽撮影、そして、あたりの風景の様子などがうかがえました。

 日食の時って、すごく幻想的な風景になるんですね。
 太陽が全く黒くなる時は、あたりも暗くなり、星も見えるんですって。で、水平線のあたりは、オレンジ色になっているらしい。。
 うーん、そんな風景に心弾かれますね。

 皆既日食の終には、ダイヤモンドリングが出て、みんな歓声を上げていました。映像観ただけでもすごいーと思いました。

 今晩7時から、また特集をするみたいです。
 観れたら観ようっと。

 太古の昔、天照大神という太陽の女神様が、弟の須佐之男命の乱暴に怒り、天の岩戸に隠れたので、世界が真っ暗になってしまった。。という神話が日食の言い伝えかもしれません。

 現代の人間は、ショー感覚で感動しますが、古代の人たちは不吉を感じるかもしれませんし、動物達も急に夜になるからびっくりでしょうね。
 日食の時は「日食雲」というのもあらわれ、雲が多くなるんですって。
 やっぱり、なにかしら、影響があるんでしょうね。

 さて、次の日食は、日本では2012年5月21日に「金環日食」があるらしいです。
 部分日食なら、それより前にもあるらしいので、楽しみですね。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿